Q&A

Qランドセルの表面が汚れてきたのですが

A

人工皮革のランドセルであれば、水またはお湯で薄めた中性洗剤を布に浸しよく絞って、一旦汚れを拭き取った後、もう一度水に浸した別の布で水拭きしてください。
週に1度お手入れすると、元々の色合いを長くキープできます。
イクラボのランドセルは6年間保証なので、傷んできた箇所がありましたら、お早めにお持ちください。

Qランドセルのお手入れ方法を教えてください

A

雨に濡れたまま放置すると劣化が早まりますので、柔らかい乾いた布でしっかり吹いて、陰干ししてください。
夏場などは、お子様の汗で肩ベルトが濡れることもあります。乾いた布で汗を拭き取り、風通しの良い場所で乾燥してください。
冬場は、暖房器具の近くにランドセルを置きっぱなしにするのは厳禁です。

Qランドセルの中(内部)が汚れてしまったら?

A

基本的には表面と同じ方法で問題ないですが、内張りが革素材の場合は、ワックスやオイルは使用しない方が良いです。
雨が染み込んだり、食べ物をこぼしてしまったりした時は、すぐに拭き取るようにしてください。
軽い鉛筆汚れなら、消しゴムで消すことができます。

Qカバーはかけっぱなしでもいいですか?

A

今のランドセルは丈夫でカバーは必要ないと言われていますが、もしカバーをするのであれば、1回1回取り外してください。
カバーをかけっぱなしにしておくと、風通しが悪くなるので皮革が呼吸できず、劣化してしまいます。
カバー内に湿気や水が貯まり、カビが生えてしまうこともあります。
また、カバーを取り外すとき、表面のはがれや傷の原因になることがあります。

Q手縫いだと何が違うんですか?

A

肩ベルトなど厚い革でできたパーツには、ミシンの針・糸よりも太い針と太い糸を使います。
太い糸であらかじめ留めておくことで、ミシンに比べてほつれにくく、丈夫なランドセルになります。

Qランドセルを特注で作ることは可能ですか?

A

セミオーダーが可能です。(現在はプチカスタマイズでかぶせの鋲・ファスナートップをお好みで選んでいただけます。)
年に一度、ランドセル職人さんがイクラボに来てフルオーダー受注会をやってます。
(詳しくはイクラボスタッフまでお問い合わせください。)

Q背カンはどのようなのがありますか?

A

背カンが立ち上がる機能(ウイング背カン・フィットちゃん・妖精の翼)イクラボではこの3種類の背カンがそれぞれ付いてます。

Qランドセルの素材はどんなのがあるの?

A

時には放り投げたり、汚したり、雨の日だって子供たちは気にせず遊んで帰ってきます。いつも子供たちと一緒に元気いっぱいに使う「ランドセル」だからこそイクラボでは大きく3種類のランセル素材をご用意しています。

「人工皮革(クラリーノ)」
人工皮革は、天然皮革の構造を再現した素材です。軽くて丈夫、雨や汚れにも強いのでランドセルに適しています。

「牛革」
丈夫で破れに強く、使うほどに風合いが出て革独自の味が出てきます。

「コードバン」
コードバンとは馬のお尻の革の事で「皮革の宝石」といわれる高級素材です。光沢感があり、繊維がとても緻密で、滑らかな手触りも特徴です。