児童虐待オレンジリボン

私たちにできること〜児童虐待を知ろう〜

福井の児童虐待の現状はどうなっているのかを知りたくて参加しました。

毎年福井も児童虐待相談が増えていて、福井の場合は小学生が多いそうです。

その相談内容はネグレクト(病院へ連れて行かない、食事や風呂などの世話をしないなど)が1番多いそうです。

しつけと虐待の違いも教えていただきました。

しつけ・・・
何をしたらほめられ、何をしたら叱られるのか、子どもにも理解し、予測できるもの。

虐待・・・
大人の気分や、子どもにとって理解しがたい理由で罰せられるもの。

子どもたちが明るく豊かに過ごせる社会にする為に、イクラボでは全力で児童虐待される子どもが1人でも減る為に活動をし続けて行きます。

ランドセル専門店イクラボ 店長 山田耕一郎